• 2017.03.22 Wednesday
  • スポンサードリンク
  • -
  • -
  • -
  • - -
スポンサーサイト
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    「新しい診察カード 完成 (V)o¥o(V)」
    0

      以前紹介した、
      新しい診察カードがやっと出来上がりました \(^o^)/



      IMGP0718-2.jpg
      上が新カード、
      下が旧カードです。

      いかがでしょうか?
      少々黄緑が強いですかね・・・。


      通常、
      医療機関の診察券は、
      紙製のカードが大多数と思うのですが、

      当院は開業以来、
      薄く弾力性のあるプラスチック素材を使用しています。


      しっかりした物なので、
      5年前の診察券を、
      失くさず持って来てくれる患者さんが大勢居られます。

      感謝です <(_ _)>



      IMGP0741.jpg
      「24時間、患者さんと繋がるシステム」とは、
      これ (^^)

      交通事故時や急患時、
      困った際に連絡をしていただければ、
      出来る限りの対応をしたいと思います。


      健康の「お守り」として頂ければ幸いです (^^)



      製作は今回、
      「アイデア工房」さんにお願いしました。

      製作打ち合わせは、
      ネット上の専用掲示板でやり取りをするのですが、
      「対面」以上に、
      しっかりした対応をしてくれました。

      40回以上に亘る打ち合わせで出来上がった診察券、
      大切に使わせて頂きます。


      診察券ドットコム
      http://www.shinsatsuken.com/index.html
      螢▲ぅ妊工房
      大阪市浪速区難波中2−6−13ゴールドナンバ5階
      TEL 0120−979−852

      皆様に、
      お薦めします ( ..)φメモメモ

      「ページトップ」 へ戻る

      「たくみ(匠)接骨院 ホーム」 へ戻る

      「新兵器導入 意外と使えます (^^)」
      0

        以前から、
        購入しようか悩んでいた 「回転モップ」 が、
        大幅値下げ (¥3480−セキチュー) になり、

        即買!!


        このタイプ、
        色々なメーカーから出ている様ですが、

        これは 「アイリスオーヤマ」 製の洗浄機能付きタイプです。




        IMGP0572.jpg
        黒いペダル部分を足で踏むと、

        脱水槽と洗浄槽が回転する仕組み。



        IMGP0564.jpg
        右手前の籠状のものが 「脱水槽」 、
        奥が 「洗浄槽」。

        突起部にモップを差し込み回転させます。



        IMGP0577.jpg
        洗剤を入れ、
        モップを回転洗浄させています。

        感動 \(^o^)/



        IMGP0578-1.jpg
        脱水槽、
        高速回転中。

        思わず
        「ヒュン」 「ヒュ〜ン」 「ヒュヒュヒュ〜ン」 (^^♪


        モップ部の 「マイクロファイバー」は、
        吸水性・脱水性共に優れています。


        実際に、
        使用してみると、
        まだまだ改善の余地は有る様に思いますが、

        工夫して使いこなす事も、
        我々消費者の役割かも知れません。


        上手く使うポイント ( ..)φメモメモ

        その一・・・洗浄槽のペダルギア部に、
               潤滑油を注す。

        その二・・・洗浄槽・脱水槽にモップを入れる際は、
               必ずモップのジョイント部を垂直にしてから。

        その三・・・高速脱水したい場合、
               モップを脱水槽の真ん中に入れ芯を取ること。

        その四・・・モップの上部回転グリップとフック間に、
               手のひらが挟まる事が有るので注意。


        かなり掃除が楽に楽しくなりました。


        皆様、
        是非お試しあれ・・・ (^^)

        「ページトップ」 へ戻る

        「たくみ(匠)接骨院 ホーム」 へ戻る 

        「新しい診察カードを製作中です (^^)」
        0

          現在、
          新しいデザインの診察カードを製作中です \(^o^)/


          既存の診察カードも、
          かなり手の込んだ物でしたが、

          今回は、
          さらにパワーアップ !!



          Fotolia_16789745_XL[1].jpg
          この写真素材を使い、
          製作奮闘中です (V)o¥o(V)


          今回は、
          24時間患者さんと繋がるシステムを構築中です !!

          出来上がりましたら、
          またご報告致します (^^)



          このところ、
          めっきり涼しくなった為か、

          新患の方も含め,
          沢山の患者さんに来院して頂いています。


          どんなに多忙な状況でも、

          一人一人の患者さんを大切に、
          力を抜く事無く頑張っております。


          少々お待ち頂く事もありますが、

          何卒ご理解の程、
          お願い申し上げます <(_ _)>

          「ページトップ」 へ戻る

          「たくみ(匠)接骨院 ホーム」 へ戻る

          「お年寄りの衣服をもっと快適に」
          0
            otosi.JPG



            今まで来院されたお年寄りの中で、
            「寒さ」 の為に、
            異常なまでに厚着をしてくる患者さんが、
            何名か来られました。
            (例えば、ズボンの下に、もも引き三枚重ね等々)

            適度に室温調整している院内でも、
            「寒い寒い」 と訴えてきます (^_^)

            衣服をめくってめくって (^_^;)、
            ようやく辿り着いた肌に直接触れて診ると、
            体温の低下はないことが分かります。

            この場合、
            体温調整機能上の問題は無く、
            加齢による皮膚温度受容器や体温調節中枢の障害からくるものと思われます。


            しかしこの、
            「寒い」「暑い」
            という人間の身体の訴えは、
            素直に対応すべきで、

            健康を維持する上でとても大切なことです。


            衣服に防寒性と快適性を両立させる為には、

            表地に透湿性と防風性の高い素材、
            中間部は空気(温度)を保持する素材、
            直接触れる肌着は、吸水性の優れた素材、
            急激な温度・湿度の変化に容易に対応出来る仕様、

            が理想的ではないかと思われます。

            また、
            活動性を損なわない厚み・重さ・構造・適切なサイズも重要です。


            熱中症は夏によく発症しますが、
            冬の暖房の効いた室内で、
            厚着をしていても起こる可能性があります。



            アウトドアーやスポーツ関連のアパレル産業の方々に、
            お願が有ります。

            各分野のノウハウを基に、
            今ある高機能素材を多用して、
            お年寄りに喜ばれるデザインと、
            機能性を兼ね備えた 「衣服ブランド」 を、
            是非とも立ち上げて頂きたい。

            今後進む高齢化社会の為にも、
            もっともっとお年寄りに快適に過ごしてもらえる衣服環境を、
            我々が整えていくべきではないでしょうか <(_ _)>

            「ページトップ」 へ戻る

            「たくみ(匠)接骨院 ホーム」 へ戻る

            「ぬくぬく」 その1
            0
              nuku1.JPG 

              頑固で完璧主義をモットーとする、
              英国人がつくりあげた 「アラジンブルーフレームヒーター」 。

              発売以来(約70年前)、
              基本的なモデルチェンジのない完成されたフォルムと性能は、
              高い支持を得ています。


              当院のものは、
              発売当初から引き継がれてきたクラッシックタイプとは異なり、
              2004年からラインナップされた新しいデザインのものです。


              私にとってクラッシックタイプは、
              忘れられない思い出が有り、
              欲しかったのですが、

              数多くの患者さんに、
              やさしい炎を観てもらいたいと、

              360度全周から炎が見えるこのタイプを購入致しました。





              nuku2.JPG
              院内の壁掛け扇風機3台と換気扇2基で、
              気流を上手くコントロールしてあげると、

              このアラジンストーブ一台だけで、

              約22坪の院内を、
              ふんわり優しく包む事が出来ます (^_^)



              ページトップへ戻る

              たくみ(匠)接骨院 ホームへ戻る

              CALENDAR
              SMTWTFS
                   12
              3456789
              10111213141516
              17181920212223
              24252627282930
              31      
              << December 2017 >>
              ENTRY(latest 5)
              ARCHIVES
              CATEGORY
              PROFILE
              MOBILE
              qrcode
              たくみ接骨院ブログについて


              私のしがない写真と文章ではありますが、

              接骨院内での、
              個々のこだわりや工夫、
              日常生活での出来事、
              四季折々の風景等々、

              徐々にではありますが、
              紹介させていただきたいと思います。

              仕事の合間をぬっての更新となりますので、
              あまり進まないかとは思いますが、
              たまに覗いて頂けると嬉しく思います。

              誤字や不適切な表現や事柄等、
              お見苦しいことも有るかとは思いますが、

              何卒、温かい目で看て頂けます様、
              お願い申し上げます m(__)m


              LINK


              PR
              無料ブログ作成サービス JUGEM

              (C) 2017 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.